夜中に一人で留守番をしていた女性が、なぜか窓辺に行く衝動に駆られ……

これは1980年代に起きたできごとです。当時15歳だった私は、家に一人で残されて二、三日を過ごすことになりました。両親は親戚の家に行かなければならなかったのです。

私は長時間に渡り両親と話し合い、「一人で留守番してもよい年ごろだから、誰かに来てもらう必要はない」と説得しました。当初両親は乗り気ではなかったのですが、結局私の説得を聞き入れ、一人で過ごすことを許してくれました。

初日と二日目の夜、特に変わったことは起きませんでした。三日目の夜、私は自分の部屋でテレビゲームにいそしんでいました。夢中でゲームをしているうちに時の経過を忘れてしまったようです。ふと時計に目をやったら、すでに午前2時を回っていました。

その時、私は訳もなく窓辺に行く衝動に駆られました。窓を開け、下を見た私は息をのみました! マスクをかぶった男が、家の壁に立てかけた梯子を上ってくるところだったのです! 私は恐怖に襲われ、叫び声を上げようとしました。

次の瞬間、私はベッドの中で目を覚ましました。すべては夢だったのです! でも、これほど鮮明な悪夢を見たことはありませんでした。起き上がり、心臓のドキドキを鎮めようとしていた時、外で不審な物音がしました。

私は不吉な予感に駆られ、ベッドから出て窓辺に足を運びました。窓を開け、下を見たら、あろうことか、そこでは夢とまったく同じ光景が展開していました! マスクをかぶった男が、家の壁に立てかけた梯子を上ってくる最中だったのです! それは夢ではなく、紛れもない現実でした!

私は「キャーッ!」と叫び声を上げました。私の叫び声があまりにも大きかったので、すぐに隣家の明かりがつき、誰かが窓を開けて外を見回しました。

計画が狂ったことを悟った侵入者は、梯子を半分まで上ったところで地面に飛び降り、梯子を残したまま走り去りました。

あの夜、なぜ私が予知夢を見たのか、その理由を説明することはできません。一つ確かなことは、この夢を見なかったら、とんでもない事態になっていたかもしれないということです。

HANAオーガニックトライアルセット

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!