有名なアメリカ人俳優のブライアン・デネヒー。彼はとおの昔に亡くなったと思っていたのに……

ブライアン・デネヒー(Brian Dennehy, 1938年7月9日 - )
アメリカ合衆国の俳優。映画・テレビ・舞台など、出演作は多数に及ぶ。ゴールデン・グローブ賞と二つのトニー賞を受賞。特に映画『ランボー』(1982、原題:First Blood)のティールズ保安官役で有名。現在77歳だが、いまだに現役俳優として活躍している。


これは日本の横田さんの体験談です。ありがとうございました!

わたくしの記憶では『ランボー』初上映後すぐに急逝(1年以内)。そのため予定されていた『ランボー2』の脚本の方向性は「退院したティールズ保安官が名誉と信頼を失墜させられ、さらに親友をも奪ったランボーに復讐するため居場所を突き止めて報復をする」という方向性だったが、彼の急逝やベトナム戦争終結後10年目の節目であることもあり、ベトナム戦争を題材にした脚本に改変した。と見聞きしたことがありました。

ランボー [Blu-ray]

しかし、先日『コクーン2』(1988年)という映画を観ていたら亡くなったはずの彼が出ていて100%誤りだと気付きました。※一瞬、前作のシーンを編集したスポット出演かと思いましたが違っていてかなり驚きました。

『ランボー』は有名なシリーズの1作目ですし、さらにわたくしはスタローンのファンですので彼関連のエピソードはとても印象的で忘れるはずはないと思っていましたが、今まで誤りに気付かなかったのか少しモヤモヤします。


ブライアン・デネヒーが亡くなったと思っていたのは横田さんだけではないようです。最近話題になっているマンデラ・エフェクト(亡くなったとばかり思い込んでいた有名人が健在であることが判明する現象)の有名人のリストの中にブライアン・デネヒーも含まれています。

下の体験談はイギリスのロブさんのものです。

ずっと昔に、ブライアン・デネヒーの死が報道されたことを明確に覚えています。映画『コクーン』(1980)が公開されてからすぐのことでした。それから何年も経って、彼が出演しているテレビ映画を観た時は本当に驚きました。(外国の)イギリスでさえ、彼の死は大ニュースだったのです。というのも、当時彼はまだ比較的若くて、『コクーン』は大作映画だったからです。そのニュースを本当にハッキリ覚えています。私の妻もまた彼が亡くなったと思い込んでいました。

続出ビックリ現象の詳細を表示しますか?→はい

カークダグラスも有名ですよね、最近永六輔さんも永眠されたとの事、私はこの記事と同じような気持ちで今います、永六輔さんは数年前に亡くなった記事を読んだような、他にも居るんじゃないかな、永さんがもっと前に亡くなったって記憶してる人が。

SYUNさん(2016年7月13日)


・そういえば!永さんの訃報を以前読んだことがあるような気がします。不思議ですね〜!

マリーさん(2016年7月14日)

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!