不気味な心霊スポットで体験したのは心霊現象ではなかった!

僕はアメリカの軍隊に勤めています。ある日、僕は軍人仲間とニューヨーク旅行に出かけました。その際、友達が財布を無くしてしまったので、身分証明書・運転免許証・デビッドカード・クレジットカード等の再発行手続きをしなければなりませんでした。

それから6か月後、友達と僕はコネチカット州の基地に駐在していました。基地の近くに廃棄された精神科病院があったので、ある夜、そこに肝試しに行くことにしました。その病院の名前は「ノリッチ州立病院」です。

その病院は基地から約10キロメートル離れた道外れにありました。午後9時を回ったころ、病院に着きました。廃棄された精神科病院の例にもれず、中は不気味な雰囲気に包まれていました。病室の壁にはひっかき傷があり、「助けて」と嘆願する文字が元患者によって書かれていました。

昼間でも不気味なのに、夜になったら怖さは倍増します。夜になると幽霊が出てくるというもっぱらの噂なのです。

病院の中を探検している間に、僕はトイレに行く必要に迫られました。どうしても我慢できなくなったので、外の森に行き、用を足しました。

病院に戻り、友達と合流した時、床に何か光るものがあることに気づきました。拾い上げて見たら、それは友達の身分証明書でした。「なんで身分証明書をこんなところに持参したんだ?」と聞いたら、友達は「持ってきてないよ。身分証明書は車の中にあるよ」と答えました。

僕は友達に身分証明書を手渡しました。それを見た友達の顔から血の気が引きました。それは6か月前にニューヨークでなくした身分証明書だったのです!

僕たちは一目散に病院から退散しました。あれほど速く走ったことはかつてありません。僕たちは車に飛び乗り、直ちに発進しました。あまりにもビビっていたので、ダイナー(道路沿いにある軽食レストラン)に寄り、食事をして気を静めることにしました。その時の時間は午後11時ごろだったはずです。

ダイナーに着いたら、そこは閉まっていました。時計を見た僕たちは大きなショックを受けました。なんと時刻は午前4時になっていたのです! 短距離をドライブしている間に、なぜか5時間が経過していたのです!

続出ビックリ現象の詳細を表示しますか?→はい

・成る程、実話ならば精神異常とされた人の中に、不思議な事が出来る能力を持った人達がいたのかも知れない。

不幸な話しでは無いさん(2016年7月10日)

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!