これはアメリカに在住の男性・ジェフさんの体験談です。

深夜、人通りのない裏通りでチンピラたちに囲まれ、絶体絶命に! この危機からどうやって逃れるか?

僕は大学生だったころ、あるバーで働いていました。

僕に与えられた仕事の一つは、日によって、閉店時間になるまで店に残り、ドアに鍵をかけて帰宅することでした。

ある夜、午前4時ごろのことです。僕は裏口から店を出て、ドアに施錠しました。そのドアは裏通りに面していました。

鍵をかけたあと振り返ったら、右手と左手にいかがわしい雰囲気を漂わせた若者たちが立っていました。僕はチンピラたちに囲まれたのです。

チンピラの一人が「やっちまえ!」と叫びました。恐怖に駆られて逃走しようとした、まさにその時、まぶしい光が僕の顔に当たりました。それは車のヘッドライトでした。車が僕の方に向かって進んできたので、チンピラたちは道を開けざるを得ませんでした。

それはタクシーでした。車は僕の前に停まりました。窓が下がり、運転手が窓から顔を出して「あなたはジェフですか?」と尋ねました。僕は九死に一生を得た思いで、「はい!」と答えました。「誰かがあなたのためにタクシーを呼んだんです。」

僕は間髪を置かずに乗車し、タクシーは発進しました。こうして僕は無事に自分のアパートに帰り着くことができました。

今日に至るまで、「誰がタクシーを呼んだのか」という疑問に頭を悩ませています。

僕がひそかに思っていることは、別の世界のジェフがタクシーを呼んだということです。でも、タクシーが来なかったので、もう一人の僕はチンピラたちに殺されたのかもしれません……。

とっても不思議なカラー診断(無料)と
気になる不思議グッズがいっぱい!! いますぐクリック!

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!