ある日突然、見知らぬ男からなれなれしいメッセージが。この男は何者なのか?

ある日、エリックという名前の男からメッセージを受け取りました。その男に見覚えがなかったので、フェイスブックで彼のプロフィールを調べてみたのですが、まったく思い当たる節がありません。

ひょっとしたら学生時代の級友かもしれないと思い、昔のメッセージに目を通したら、一時間に渡り彼とチャットした記録が残っていました。彼と僕はかれこれ4年間のつきあいだったのです。

自分自身のメッセージを読んだら、彼と一緒に数回も遊んだらしいことが分かりました。僕はちょっとビビってしまいました。というのも、前回僕が彼と話をしたのはわずか一か月前のことだったからです。にもかかわらず、この人物の記憶は一切ありませんでした。

姉やルームメート(同居人)に尋ねてみたら、二人とも「その人にはまったく心当たりがない」と言っていました。僕が彼の噂話をしたこともない、とのことでした。

そうこうしているうちに、彼からまたメッセージが来て、彼の家でテレビゲームでもして遊ばないかと誘われました。僕は彼の家に行っても害はないだろうと判断しました。なぜなら、この時点で僕はまだ、彼のことを忘れてしまっただけなのだろうと思っていたからです。顔を合わせたら思い出すかもしれない、と思ったのです。

というわけで、エリックの家を訪ねたら、まるで旧友のように温かく迎えてくれました。一緒にテレビゲームをしながらだべったのですが、彼はいろいろと自分の近況報告をしていました。

この期に及んでも彼が誰なのか分かりませんでした。でも、彼の方は僕に関する個人的な質問をしてきたのです。それは僕が親友にしか明かさないような話題でした。たとえば、僕の体に障害があること、僕がゲイ(同性愛者)であること、前の恋人が暴力を振るったこと等です。僕は場を取り繕うために微笑みを浮かべながら、何気ないふりをして会話を続けました。

帰宅した時、僕はますます混乱していました。「一体、彼は何物なんだ? なぜ僕のことをあんなに知っているんだ?」という疑問で頭がいっぱいでした。

そこで、もう一度フェイスブックを見てみたら、なんと僕はエリックにブロックされていたのです! 僕は目が点になってしまい、姉のプロフィールを通じて彼のページにアクセスしました。そうしたら、彼のプロフィールは前回とはまったく違うものになっていました。画像にしろ、個人情報にしろ、すべてが変わっていたのです。変わっていないのは彼の顔ぐらいのものでした。

姉にこのことを話したら、「あんた、出かける前に図書館に行くと言っていたわよ。その人の家には行かなかったよ」と言われました。一部始終を説明したのですが、それでも姉は「友達に会うために図書館に行くと言って外出した」と主張して譲りませんでした。それで友達に聞いてみたら、みんな姉の言葉に同意していました。

なぜこんなことがありうるのでしょう? なぜ僕はこれほどハッキリした記憶を持っているのでしょう? ほんの数日前に起きたできごとです。

いま「恋愛」「美容」「お金」のビックリ現象がココで続出!!

・フリンジのオリビア・ダナムと同じようにこの話が真実であるなら、「もう一つの地球にこの人が行っていた」と言う事なんでしょうね、並行世界での体験談はNETで多く投稿されています、しかしほとんどは小説家希望者のねつ造や明らかに嘘が多いんですが「おいおい、この話は想像で書けるのだろうか?」と言うものが存在します、この話に戻しますと「この人とエリックが住んでいる地球は違うが並行世界を無意識のうちにこの人が行き来した事による事実のズレ」で話のつじつまとしては合うと思います。

syunさん(2017年1月21日)


・可能性として考えられるのは、あなたがその人物にそのことを話したことを忘れている。ということ。次の可能性はあなたの周りを調べた。もしくは、世界中に管理されているかもしれないコンピューターのあなたの情報にアクセスした。最後は、本当にゲームをプログラミングするように、あなたの情報を変えた。ネットの情報を変えただけかも。不思議な仮説としては、超能力、宇宙人などかもしれませんよね。

エリック??さん(2016年8月9日)

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!