恐竜の展示会に行った少年が博物館のトイレに入り、出てきたら……

僕が9歳の時、父が博物館につれていってくれました。恐竜の展示会を見て回っているうちに、突然、ひどくトイレに行きたくなりました。

僕は父に「トイレに行ってくる。すぐに戻ってくるから」と言ってトイレに走っていきました。

トイレの中には誰もいませんでした。用を足し、手を洗って外に出たら、なぜかそこでは恐竜の展示会ではなく、宇宙の展示会をやっていました。

僕は違うドアから出てしまったのだと思い、トイレに戻り、あたりを見回しました。ところが、別のドアはありません。そこにあったのは小便用便器と個室だけだったのです。

僕はパニックに陥り、手当たり次第に壁を押してみました。隠し扉のようなものがあることを期待したのです。でも、ドアは一つしかなく、それが入り口と出口を兼ねていました。

誰かに助けを求めようと思い、外に出たら……僕は恐竜の展示会に戻っていました。父は出口のそばでイライラしながら待っていました。「遅かったな。何してたんだ?」と父は尋ねました。

あの日、何が起きたのか僕には分かりません。ひょっとして、僕は過去か未来にタイムスリップしたのでしょうか……?

3分でオーラが変わり、引き寄せの法則が発動する!!

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!