コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン テレビと映画ゾーン ホームページ
時間旅行実話ゾーン→ある朝のできごと


このお話はあるアメリカ人女性ルーシーさんの体験談です。


私の体験談は他の人々の話ほど不思議ではないかもしれません。でも、これは100%真実であることを保証します。何年にもわたり、夫と私はこの謎を解けないでいます。

前の晩、夫のデイヴはいつも通り目覚まし時計を午前7時に合わせ、私たちは眠りにつきました。ありきたりの夜の風景です。翌日の早朝、私たちはペットのボクサー犬(名前はベアです)の鳴き声で目を覚ましました。ベアは激しくほえていました。愛犬がほえるのは、家の周りに誰かまたは何か(隣家の猫など)が潜んでいるときに限られます。デイヴと私は様子を見るためにベッドから出ました。でも部屋を離れる前に時刻を確認しました。そのときの時間は午前5時半でした。「ラッキー!」と私は考えました。「あと一時間眠れるわ。」

夫と私は台所の窓まで歩いていきました。なぜならベアはそこでほえていたからです。私たちは窓外を見て、外に不審な人物がいないことを確認しました。きっとあのいまいましい猫に違いありません。私たちは冷蔵庫の飲み物を軽く飲み、ベッドに向かいました。デイヴは用をたすためにトイレに行きましたが、私はベッドに倒れこんで、あと一時間半眠るつもりでした。

私はベッドに入り、掛け布団を肩まで引っ張りました。そのとき時刻を見たら、6時半でした。えっ? 前に時間を確認したときは5時半だったのに……。5時半だったことにかなりの確信はあったものの、さっきベッドから出たときは寝ぼけ眼(まなこ)だったのかもしれません。そこで私は念のため、デイヴに話しかけました。「あなた、起きたときに時間を確認した?」「うん」夫が返事をしました。「5時半ごろだったよ。もう少し眠れるね。」……というわけで、私は晴れて震え上がりました。台所まで行って帰ってくるだけで一時間もかかったの?

一体私たちの身に何が起こったのでしょう? 私は説明することができません。一つだけ確かなことは、私が起きたときは5時半で、台所から戻ってきたときは6時半だったことです。不思議でしょ?

・犬が吠えているのがキーワードだと思います。動物の言葉がわかるアメリカ人の女性の話を聞きに行ってみてはいかがでしょうか? - FBIさん


・時計の勝手な進みや遅れはよく体験することなので、不思議というほどではないと思うのですが如何に・・・ - ドラゴンズさん

●この体験談について、あなたのコメントをお願いします!

コメント:
お名前:
メール(省略可):
あなたのサイト(省略可):


Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!