近未来の自分?

今日、店で買い物をしていたら、自分とそっくりの女性を見かけました。メイク、服の趣味、髪の色、髪の長さ……すべてがそっくりそのままでした。

一緒にいた友達がそのことを教えてくれたんです。彼女を見た時、奇妙な衝撃が体中に走りました。まるで鏡を見ているようでした。

その人は子連れで、私よりも少し年をとっているように見えました。それで私は思いました。彼女は近未来の並行世界に存在する自分自身なのだろうかと……。

もう一人の自分を見るということ自体、可能なのかどうかすら分かりません。本当に不思議な体験でした。


携帯電話はどこに?

ある晩、私は息子と一緒に近所を散歩していました。

突然、アライグマが茂みの中からチョコチョコ走り出てきたので、私たちはビックリ仰天し、通りを横切って向かい側の歩道に走っていきました。

バカバカしいできごとを笑い飛ばしたあと、私は携帯をなくしたことに気づきました。私たちは10分ほどあたりを探し回りました。息子の携帯から私の携帯に電話をかけ、着信音を頼りに見つけようとしたのですが、音は聞こえませんでした。

ひょっとしたら家に置き忘れたのかもしれないと思い、家に戻ったのですが、携帯はそこにもありませんでした。

そこでもう一度外に出たら、携帯は道のど真ん中に落ちていました。それは街灯に照らされていました。最初に探した時、それを見落としたということは絶対にありえません。百歩譲って見落としたのだとしても、息子の携帯から電話した時、着信音が聞こえたはずです。


不思議な偶然

このできごとは1953年にアメリカ・ケンタッキー州にある都市・ルイビルで起きました。

ジョージ・D・ブライソン氏は、ルイビルにあるブラウンホテルに到着し、307号室に通されました。

彼は荷をほどいてから一階の受付に向かい、自分宛に手紙かメッセージが届いていないかを尋ねました。

受付係は、307号室に滞在しているジョージ・D・ブライソン氏に宛てられた手紙を手渡しました。

このできごとに不思議なところは何もない、とお考えかもしれません。しかし、その手紙はブライソン氏に宛てられたものではなかったのです。

ブライソン氏が307号室に入る前に、彼と同姓同名(ジョージ・D・ブライソン)の男性がその部屋に滞在していたのです。その手紙は前の滞在者に宛てられたものだったのです!


消えたヘアブラシ

今年の初めに、私のヘアブラシが紛失しました。でも、私は特に気にとめませんでした。というのも、私にはよちよち歩きの娘(当時15か月でした)がいるので、そういうことは日常茶飯事だったのです。

数週間後、私の母が庭で芝生を刈っている時、何かが木から落ちてきて、母の頭に当たりました。それは私のヘアブラシでした。

娘はまだ木に登ることができないし、物を放り投げたとしても、それほど遠くまで投げることはできません。

私たちは理由をいろいろ考えたのですが、最も理にかなった説明は、娘がヘアブラシを外に持ち出し、それをリスか鳥が木まで運んだということです。でも、この説明でさえ非常にバカバカしく思えます。


公園までの道

ある日、私は友達の家にお邪魔し、仲良しの友達二人と遊んでいました。

そんな中、友達が近くの公園につれていってくれることになりました。公園までは徒歩で15分かかるとのことでした。

その日、公園までの道はぬかるみになっており、さらに茂みで覆われていました。友達は危ういところで泥沼にはまりそうになりました。

この時点で公園に到着しているはずだったのに、行けども行けども公園は見えてきません。それで私たちは家に引き返すことにしました。それは奇妙なことでした。そこは友達がいつも通っている道だったんです。

家の近くまで来た時、突然見知らぬ男性が出てきて、「僕についてきて。公園までつれていってあげるよ」と言い、私たちが歩いてきた道に向かって歩き始めました。

私たちはその男性についていかないことにしました。若い女の子三人が見知らぬ男性について人気の少ない道に行くなんて、どうかしています。でも、振り返ったら、その道はまったく違って見えたんです。道の向こうに公園も見えました。

私たちは変な男から逃れるために急いで友達の家に戻りました。でも、しばらくしてからまた同じ道に行ってみたら、今度はすんなり公園に到着したのです。今回、道は乾いた砂利道で、ぬかるみや茂みはありませんでした。そして道はまっすぐ伸びていました。

選んだ色で本当の自分がわかるオーラソーマの無料カラー診断。
他にも気になる不思議グッズがいっぱい!! いますぐクリック!

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!