これはあるアメリカ人女性の体験談です。

「気ままな人生を送りたい」と思っていた女性の前に……

これは私の女友達から聞いた話です。彼女が20代初めのころに起きたできごとです。

彼女は信仰の厚い家庭で育てられ、人生の転機にさしかかっていました。両親の家を出て独立し、堅苦しい生活におさらばして、気ままな人生を送りたいと思ったのです。

そんな中、彼女はあるパーティーに出かけ、帰りが遅くなりました。彼女がこのようなことをしたのは、これが初めてのことでした。

というわけで、ほの暗い通りを歩いていたら、一人の女性が自分の方に向かって歩いてくることに気づきました。近づくにつれて、その女性が自分にそっくりであることが明らかになりました。ただ、自分よりも20〜30歳年上で、疲れ果てているように見えました。

その女性はやせこけ、具合が悪いような印象を与えました。髪や服装が乱れており、つらい生活を送っていることが見て取れました。

友達がじっと見つめる中、その女性は友達のそばを通り過ぎました。その後、女性は立ち止まり、振り返って、歌うような口調でこう言いました。「やめときな」と。

その夜、友達は「すさんだ生活を送るのはやめよう」と決心しました。そして彼女は捨てかけた古い価値観を取り戻しました。

間もなく彼女は、あの運命の夜に遭遇した自分自身と同じ年頃になります。

これまで私はドッペルゲンガー(自分とそっくりの姿をした分身)を信じていなかったのですが、友達からこの話を聞いて以来、考えが変わりました。友達は嘘をつくような人ではありません。自分自身に会うことはあり得るということです。

夢の実現を引き寄せる最短ルート

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!