現在、テレポーテーションはサイエンスフィクションの世界の中でしか実現していない。しかし、一部の科学者によると、一瞬にして別の場所に移動することは、近い将来に可能になるとのことである。

悪天候のため駅に立往生していた男が突然……

ニューヨーク市立大学のミチオ・カク教授はそんな主張をしている科学者の一人だ。カク教授は、生きた人間が地球上の(ひょっとしたら地球外の)別の場所に移動する技術は数十年のうちに実現すると語っている。数十年のうちに実現することが無理なのだったら、少なくとも来世紀には実用化されるだろう、とのこと。

テレポーテーションに関する実話の中で、最も奇妙なものは、16世紀のスペインの兵士、ギル・ペレズが体験したものである。彼は自然発生的にマニラからメキシコに瞬間移動した。この事例はいまだに解明されていない。

イギリスのウェルスレイ・チューダー・ポール少佐(1884−1968)は世に知られた神秘主義者で、多数の著書を残している。彼は神秘主義、アーサー王伝説、そして聖杯伝説に傾倒していた。

ポール氏は著書の中で自身の不思議体験を語っている。ある日の夕方、彼は田舎の駅のベンチに腰を下ろし、途方に暮れていた。彼は自宅に帰るために電車を待っていたのだ。しかし、悪天候のため列車は遅れていた。バスの運行はすでに終わり、タクシーも見当たらなかった。彼の家は駅から約3キロメートル離れたところにあった。

時刻は6時5分前になり、ポール氏は焦っていた。というのも、6時に重要な電話がかかってくることになっていたからだ。駅の公衆電話から電話することは不可能だった。なぜなら、電話は不通になっていたからだ。

6時3分前になった時、非常に不可解なことが起きた。突如として彼は自宅の廊下に立っていたのだ! ちょうどその時、時計は6時を指していた。

なぜそのようなできごとが起きたのか、彼は説明することができなかった。未知の不可解なフォース(力)が、ポール氏を駅から自宅に、電話にちょうど間に合うように、瞬間移動したのだ。

夢の実現を引き寄せる最短ルート

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!