これはあるイギリス人女性の体験談です。

自分でも知らないうちにタイムスリップするなどということがあり得るのだろうか……?

私はタイムスリップに関する体験を二度ほどしたことがあります。

一つ目の話です。以前、私が住んでいた家は、古い製紙工場を住宅用に改造したものでした。そこに住んでいる時、よく機械音を耳にしたものです。その騒音が始まった時、緑色の灯りが見えました。

その後、私は実際に操業している製紙工場で働くことになりました。そこで聞いた機械音は、自宅で聞いた音と同じものでした。また、工場に設置されていた機械には灯りがついていました。赤の灯りは機械が止まっていることを、緑の灯りは機械が動いていることを示していました。

二番目の話です。ある日、私は農場に住む女友達の家に遊びにいきました。最初に訪れた時、彼女から「この家を簡単に見つけられた?」と尋ねられました。

そこで私は「ちょっと迷ったけど、見つかったよ。あなたの家につながる道路の端っこに、鉄製の農場の道路標識(下の画像参照)が立っているでしょ? だから自分が正しい場所にいることが分かったの」と答え、道路標識がどんなデザインだったのかを詳しく説明しました。

すると彼女は「その標識なら何年も前にあったけど、今はもう影も形もないのよ」と言いました。

タイムスリップ現象は、私たちが思っているよりも頻繁に起きているのではないかと思います。二番目の話で、農場が簡単に見つかっていたら、友達は道を簡単に見つけられたか尋ねなかったはず。そうしたら、自分がタイムスリップを体験したことに、まったく気づかなかったでしょう。


ひょっとしたら、あなたも知らない間にタイムスリップしたことがあるのかもしれません……。

夢の実現を引き寄せる最短ルート

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!