コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン テレビと映画ゾーン ホームページ
時間旅行実話ゾーン→大学でのリプレイ体験


このお話はアメリカの男性ホゼさんの体験談です。


ある午後のことです。私はガールフレンドと連れ立って、ミシガン州立大学の建物に入り、三階に向かいました。そこには私の寄宿舎があるのです。このとき、私たちはバイトを探していたので、正面口の近くにある受付に行きました。受付の人は「カフェテリア(学校の食堂)に欠員があるので、二階にいる支配人のところまで行って話をしてください」と言いました。

というわけで、私たちは二階に向かいました。エレベーターを出たところで、入れ物を持った男性が近づいてきました。私は、その入れ物に洗濯物が入っているのだろうと推測しました。支配人の事務所が見つからなかったので、私たちは寄宿舎に行くことにしました。エレベーターに入り、三階のボタンを押しました。

到着してドアが開いたので、正面口の扉に向かって歩いていきました。ところがそこはまたしても二階だったのです! 私たちはエレベーターの扉が閉まる前に引き返そうとしたのですが、驚いたことに、そこに入れ物を持った男性が近づいてきたのです! それは前に見たのと同じ男性でした!

ショックを受けた私たちは階段を使うことにしました。三階に着いた途端、私は帳面を取り出してこの体験を書き留めました。

・本当ですか!?? - かなさん

●この体験談について、あなたのコメントをお願いします!

コメント:
お名前:
メール(省略可):
あなたのサイト(省略可):


Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!