これはアメリカの男性・ジェームズさんの体験談です。

深い森の中で突然宇宙飛行士が出現!

このできごとが起きた時期は明確に覚えていません。多分、80年代初頭のころだったと思います。当時、私はある人に雇われていたのですが、この話はその人から聞きました。その雇い主の名前はマイクです。彼は101期のパラシュート部隊に属していた元落下傘兵でした。その時、彼は他の退役軍人たちと一緒にいました。言い換えれば、彼らはちょっとやそっとのことでは怖気づかない男たちだったのです。

マイクと数人の友達はジョージア州南部の農場にある空き家を農夫から借り、鹿狩りに興じていました。この農場の周りは森林地帯になっていました。狩をするとき、彼らは離れ離れになるのが常でした。それぞれの男が鹿を待つための場所を持っていたのです。

マイクはたそがれ時に小屋に戻ってきました。その時、二、三人の男はすでに小屋にいました。ところが、数分後に残りの二人が帰ってきた時、彼らはとてもビクビクしていました。退役軍人で狩人の屈強な男たちがビクついていたのです。当初、二人は何が起きたのか話したがりませんでしたが、プレッシャーに負けて、次の話を語りました。

夕暮れになったので、二人はそれぞれ小屋に戻ることにしました。まだ光は残っていたので、道を見ることができました。ある地点で二人は合流し、おしゃべりをしながら家路につきました。突然、大木の陰からふたりの真ん前に人が現れたのです。その人物と二人の間の距離はせいぜい3メートルぐらいしかありませんでした。二人は誓って言いました。その人は銀色の宇宙服を着て、ヘルメットをかぶった宇宙飛行士だったというのです。

二人の狩人は立ち止まり、目の前の人をまじまじと見つめました。「宇宙飛行士」もまた立ち止まり、二人を見返しました。その状態で、少なくとも15秒から20秒が経ちました。次に「宇宙飛行士」は向きを変え、大木の陰に移動しました。二人は自分が見たものに仰天し、5秒ほど動くことができませんでした。

次に二人は勇気を奮い起こし、ライフルを発射できる状態で木に駆け寄りました。木の陰を見たら、そこには誰もいませんでした。そこには草木や枝が密生していたので、足を踏み入れた人は枝をかきわけて進まなければならず、やすやすと歩みされなかったはずなのです。たった5秒の間に視界から消えることは不可能でした。でも、その「宇宙飛行士」のような人は消えてしまったのです。

二人の男は小屋まで走って戻りました。この話を語り終えたあと、二人は友達から散々からかわれましたが、マイクの話によると、その夜二人はライフルをそばに置いて眠りに就いたそうです。

翌朝、彼らはみんなして「宇宙飛行士」が現れた場所を点検しに行きました。でも、痕跡は見つかりませんでした。足跡もなければ、枝や草木が曲がったり、折れたりしている場所もありませんでした。たとえこれがいたずら者の仕業だったとしても、彼が身を隠せられるような場所は、地上にも、木の上にも見当たりませんでした。

とっても不思議なカラー診断(無料)と
気になる不思議グッズがいっぱい!! いますぐクリック!

・上の記事のタイムトラベラー?で宇宙服&ヘルメットの誰かが掻き消えてる内容と符合するのが不気味ですね。 - 世の中謎だらけさん

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!