このお話はアメリカの女性キムさんの体験談です。上の画像はこの体験談の中に登場するフーバーダムのものです。


あれは1999年の8月のことでした。私は主人と一緒にラスベガスからアリゾナ州のキングマンまで帰宅の途についていました。主人はハーレーダビッドソンに乗って走り、私は車でそのあとを追って走っていました。

私たちはこのルートを何度か走ったことがあるので、自宅に到着するまでにどのくらい時間がかかるか、分かっていました。私たちは途中でトイレ休憩のためにフーバーダムに立ち寄り、そこから自宅を目指してドライブを再開しました。ダムから我が家までは1時間の道のりです。

ここから状況はおかしくなります。主人の話では、そのとき遠くで雨が降っていて、稲妻があまりにも近かったので、電気を肌で感じ取れるほどだったと言います。私に言わせれば、その日はカラカラの天気でした。

私は彼のうしろに接近して車を走らせていたのですが、彼は曲がり角をものすごいスピードで曲がったので、あとについていくのが大変でした。主人が遠ざかったと思ったら、突如として彼のオートバイと私の車の間に多数の車が出現しました。私はおかしなこともあるものだと思いました。なぜなら道の片側は山で、もう片側は切り立った崖だったからです。これらの車がどこからともなく出現することは不可能でした。奇妙なことに、そう思った瞬間、車は消えうせました。

ドライブが長時間に及んだので、私はかなり疲れてきました。やっとのことで自宅に帰りついたとき、かなり日が暮れているように感じられました。主人も同感でした。時計を見たら、1時間半ですむはずだったドライブが4時間以上もかかったことが明らかになりました!

私は主人と長時間にわたり、この件について話し合いました。私たちは、ドライブ中に自分たちの身に何が起きたのか、事実を知ることを恐れています。


下の動画は、アリゾナ州・キングマンからラスベガスまでのドライブの模様を映したものです。

いま「恋愛」「美容」「お金」のビックリ現象がココで続出!!

・車とバイクで違った次元にいながら、且つ繋がりはお互いが見えていた事ですね。お互いの背景は違っていた。これは、物理的に何かを説明するあるいは紐解く鍵ですね。(2016年8月19日)


・タイムスリップですよね? 自然をいじって実験ばかりしすぎているため、時空に歪ができやすくなっているんですね。

FBIさん

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!