このお話はアメリカの女性デイジーさんの体験談です。


この不思議なできごとが起こるまで、私は超常現象について極めて懐疑的でした。でも、友人のリックはいわゆる「信じる人」だったのです。

9月末のことです。リックと私は友人の家に遊びに行きました。交通手段はリックの古いトラックでした。それはポンコツ車でしたが、彼は大いに気に入っていました。初めの45分間は順調なドライブでした。

突然トラックのエンジンが止まり、リックと私は真夜中に人気のないハイウェイで立ち往生してしまいました。道の両側にはとうもろこし畑が果てしなく広がっていました。リックは必死でエンジンをふかそうとしたのですが、車はまったく反応しませんでした。そこで彼は「壊れた」エンジンを直そうとしたのですが、効果はありませんでした。

リックはついにサジを投げました。そこで私たちは最寄の町まで歩いていって、公衆電話を探し、友達に電話することにしました。当時は今のように携帯電話が普及していなかったのです。最寄の町はその場所から3キロメートルほど離れたところにありました。

延々と歩いたような気がしたのですが、町は一向に見えてきません。救いようのない気持ちになりかけたとき、急勾配の坂の向こう側に、煌々と輝く明るい光が見えました。私たちは喜び勇んで坂を駆け上りましたが、坂の上から見た光景は私たちを唖然とさせました。

それは「未来都市」と描写するしかない光景でした。そこには数々の巨大な金属製の塔が建っていました。塔の窓という窓からは光があふれ出ていました。都市の中心部には巨大な銀色のドームがありました。私は呆然としてその光景を見ていました。

そのとき私はリックにひじで突かれ、我に返りました。彼は空を指差しました。そこには何百台ものホバークラフトが浮かんでいたのです。そのうちの一台が私たちに向かって驚くべきスピードで飛んできました。私たちは恐れおののき、壊れたトラックに向かって一目散に駆け出しました。

私は決してうしろを振り返りませんでしたが、誰かに一部始終を観察されているような気分を振り払うことはできませんでした。トラックに飛び乗ったら、車は何の問題もなくエンジンがかかり、リックと私は反対方向に向かって全速力で車を走らせました。

今日に至るまで、私たちはこの場所を再訪したことがないし、このできごとについて話し合ったこともありません。

とっても不思議なカラー診断(無料)と
気になる不思議グッズがいっぱい!! いますぐクリック!

・これはなんともメルヘンチックな話ですね
ホバークラフトに捕まっていたらどうなったのか
未来都市のようなものの住人が人間じゃなかったとしたら・・・
う〜ん行ってみたいw

殷狼さん(2014年1月20日)


・興味深いです。できれば私も不可思議な経験をしたいものの未来都市は知りませんし!!

たいむさん


・↓↓↓死亡したら体験談を書けないでしょ。


・こういう事件で死亡者が出ないのが不思議。みんな助かってる。

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!