この世はコンピューターのシミュレーションなのか?

私が中学3年生だった時の英語の先生はとても変な人でした。立ち居振る舞いが普通の人とは違っていたのです。でも、その先生は人づきあいのよくない人だったので、特に気にするようなことはありませんでした。

ある日、その先生の授業を受けていた時、教壇の上の天井に鉛筆がくっついていることに気づきました。きっといたずら者の生徒が授業中に鉛筆を天井に向かって投げ、くっついたのでしょう。

そのことを指摘したら、先生は別の教室に行って脚立をもってきました。先生が脚立を上り始めた時、その動きがなめらかではないことに気づきました。カクカクしているというか、途切れ途切れの動きだったのです。

先生が天井に手を伸ばして鉛筆をとろうとした時、手が天井を突き抜けました! といっても天井を突き破ったということではなく、手がスーッと通り抜けたかのようでした。鉛筆を手にとった後、先生の動きは普通の状態に戻りました。

私は自分の目がおかしくなったのだと思ったのですが、後ろを振り返ったら、友達が「信じられない」と言いたげな面持ちだったのです。

その日のお昼休みに友達と昼食をとりながら、私たちが同じ体験をしたことを確認しました。この世はコンピュータのシミュレーションだという説がありますが、この体験はその説を裏付けているような気がしてなりません。


盗まれた指輪

最近、友達の父親が亡くなりました。その直後、友達の家に泥棒が入り、母親の結婚指輪が盗まれました。

母親は悲しみに打ちひしがれ、親しい人々にこんな話をよくしていました。「指輪さえ返してくれれば、怒ることもないし、告発することもないだろう」と。彼女はとにかく結婚指輪を取り戻したかったのです。

それから2、3カ月後に、母親の化粧台の上に指輪が置かれていました。


産婦人科で体験した奇妙な偶然

これはあるアメリカ人男性の体験談です。

最近、妻が女の子を身ごもったのですが、出血に関する問題が生じたので、出産前に二人して産婦人科を訪れることにしました。

妻と僕は診察室に通されました。まず看護師さんが症状について問診を行い、その後、医師が診察するという手順になっていました。

ところで、子供の名前を中々決められなかったのですが、女の子だということが分かった時点で妻と合意に達しました。「アリス」と名づけることにしたのです。

そんな中、女性の看護師さんがやってきました。彼女の名札には「アリス」と記されていました。看護師さんが自己紹介をしたので、僕の名前を告げたら、彼女は「あら、それって父と同じ名前よ。」

僕は「すごい偶然だね」と言いたげな面持ちで妻と顔を見合わせました。ちなみに僕の名前はあまり一般的なものではありません。

ひょっとして娘は将来、看護師になるのでしょうか?


三つ目の戸棚

私が今の家に住むようになってから、およそ10か月が経ちました。我が家の台所は狭く、収納スペースは限られています。

引っ越してからというもの、台所に行かなかった日はありません。調理台の下には三つの戸棚がありました。真ん中の戸棚には瀬戸物や陶器類が入れてあり、その左の戸棚には文房具類が入れてありました。右側にもう一つ戸棚があり、その隣に冷蔵庫がありました。

二か月ほど前に台所に行ったら、調理台の下に戸棚が二つしかありませんでした。三つ目の戸棚に何が入れてあったのか、どうしても思い出せないのですが、きちんと整理され、使い勝手がよかったことを覚えています。

私は19歳の女性なのですが、自分に精神障害があるとは思っていません。こんな奇妙なできごとを体験したのはこれが初めてのことです。でも、8か月の間、三つ目の戸棚があったことを確信しています。私の頭はおかしくなっているのでしょうか?


季節が夏から冬に急変!

数年前、私は車を所有していなかったので、毎日徒歩で通勤をしていました。自宅と会社の間の距離は3キロ程度。午後11時ごろに会社が引けるのが普通でした。

7月半ばのこと。この夜、私は裏道を歩いて帰ることにしました。気分を変えるために裏道を歩くことが時々あったのです。裏道は幹線道路よりも距離が長いので、時間が余分にかかったのですが。

道の半ばを過ぎたころ、裏道に来たことを後悔するようになりました。夜中とはいえ、気温が高めだったので、暑くなってきたのです。

そんな思いを抱いた次の瞬間、奇妙なことが起きました。突然、気温が下がり、寒くなったのです! 私はショックを受けました。足元の道路を見たら、そこには半溶けの雪がありました。

それまで真っ暗だった夏の夜空は、日没後の冬の空を思わせるダークグレー(濃い灰色)に変わっていました。それはあり得ないことでした。私が住んでいたところは天気が変わりやすかったのですが、これほど劇的に変わることはありませんでした。

何がどうなっているのか、どのように対処したらいいのか分からなかったので、私は歩き続けました。曲がり角に向かって歩を進める中、私の足はどんどん冷たく湿っていきました。

そして角を曲がり、次の通りに足を踏み入れた瞬間、明るめだった空が暗くなり、寒さや雪のぬかるみは消滅しました。そして気温は30度に戻りました。

長いこと私は自分の頭がおかしくなったのだと思っていました。でも、みなさんの不思議体験談を読んで、こんなこともあるのかもしれないと思うようになった次第です。

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!