コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン テレビと映画ゾーン ホームページ
時間旅行実話ゾーン→消えた45分


このお話はアメリカ人女性、マギーさんの体験談です。


数年前の朝のことです。私は娘と一緒に出かける準備をしていました。私たちは毎朝のように怒鳴りあうのが常でした。なぜなら、ふたりとも遅刻ぎりぎりだったからです。10代の娘に学校に行く仕度をさせるためには、怒鳴りまくる必要があったのです。

でも、この日に限り、私たちは珍しく早めに準備を整えることができました。前日まで、私は時計ばかり見る日々でした。電子レンジの時計、コーヒーメーカーの時計、居間の時計、寝室の時計など、ひっきりなしに時間を確認したのです。それと私はテレビ番組で時間を守っていました。『それゆけスマート』が終わったら、テレビを消して、仕事に出かけなければなりません。

その日、居間でテレビを見ながら娘を待っていたら、彼女は普段よりも早めにやってきました。娘と向かい合って座り、おしゃべりしたり、笑ったりして過ごしているうちに、『それゆけスマート』が終わりました。

その日は早めに家を出られたので、私たちは上機嫌でした。ふたりとも朝型人間ではないので、このようなことは今まで一切ありませんでした。テレビを消したあと、私たちはそれぞれ自分の荷物を持って、自家用車まで8メートルほど歩きました。私たちは普段は走らない砂利道を運転しました。この道は今までほとんど通ったことがありませんでした。楽しくおしゃべりしているうちに、私の職場に到着しました。私は学校の教師をしているのです。ここで私は降りて、娘は彼女の学校まで車を走らせます。

私の学校に到着したら、あたりに車はありませんでした。外にいるはずの子供や先生は見かけられませんでした。子供を送ってきた親の車があるはずなのに、車は一台もありませんでした。私はショックを受け、「早く着きすぎたのかしら」と言いました。娘は私を見て、「早いどころか、ものすごく遅れてるよ。時計を見て」と静かに言いました。学校の時計は、私たちが家を出た時間から一時間が経ったことを示していました。家から私の学校までは車で15分しかかからないのに、なぜかその日は一時間もかかったのです!

私はいまだにこのできごとをよく思い出しますが、娘はこのことを決して話したがりません。彼女は「あの日、変なことは何も起こらなかった」というようにふるまうことを選んだのです。

●この体験談について、あなたのコメントをお願いします!

コメント:
お名前:
メール(省略可):
あなたのサイト(省略可):


Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!