今、人類は歴史的な転換期に直面しているようです。日本では新聞、テレビなどの大手メディアが、特にアメリカでの大統領選挙に関して情報統制をしているため、世界が重大な局面に入っていることに気づいていない方も少なからずいるようです。実質的に戦争が始まっており、映画よりも劇的かつ壮絶なドラマが舞台裏で展開しています。

なぜ日本の政府とマスコミはアメリカ大統領選挙を正しく伝えないのか?(ユーチューブ動画)

そこで今回は、イギリスの霊能者であるルイーズ・ジョーンズさんの最新の予言をご紹介します。ルイーズさんは水晶玉の中に見えるビジョンを基にして予言します。なお、情報量が極めて多く、意味不明の予言もあることから、すべての予言を訳出・掲載しているわけではありませんので、ご了承ください。

高い的中率が評判! イギリスの霊能者、ルイーズ・ジョーンズさんが直近未来を予言!

嵐がやってきます。今から来月にかけて状況は厳しく深刻になりますが、気をしっかり持ち、マイナス思考に流されないようにしましょう。

現在、舞台裏で軍事計画が進行しています。ニューヨークの通りで人々が激怒しているのが見えます。

年末(27、28、29日)までに重大発表があるでしょう。1月に入ったら事態は本格的に動き出します。

米司法長官だったウィリアム・バーは「重大な選挙不正の証拠はない」と明言してトランプ大統領を裏切り、解雇されましたが、彼の話は始まったばかりです。1月に大きなニュースが入ってくるでしょう。

ウィリアム・バーの後任として、リチャード・ドノヒューが臨時の司法長官を務めます。一方、ジョン・F・ケネディ元大統領の側近はリチャード・ドナヒューでした。二人の名前が近似しているのは偶然ではありません。これは暗号化されたメッセージです。ケネディの選挙に関して、過去に起きたできごとが再発するでしょう。奇妙なことに、時間が逆回りし、過去のできごとが未来に起きるような感があります。

私たちは巨大なパズルの渦中にいます。間もなく強力な証拠が法廷で明らかにされ、パズルは爆発するでしょう。

世界的な問題について重大発表があり、パニックが起きるでしょう。軍人がそこら中に立っているのが見えます。人々はマスクをしていますが、別のパンデミックが発生するわけではないと思います。これは人々の気をそらせるために意図的に行われるものです。長くは続きませんので心配しないで。家に入ってドアの鍵をかければ大丈夫。

MBというイニシャルの人物がドミニオン(選挙投票を不正に操作するために開発された装置)に関して登場するでしょう。(訳者注:これは下院議員のモー・ブルックス氏だと思われます。同氏は2021年1月6日に行われる上下両院議会で、バイデン優勢とされる選挙人団の投票結果に反論することになっています。)

今から2月にかけて、停電またはインターネットの遮断といった大規模な故障が起き、パニックが起きそうです。政治面と集団パニック、二つのことが同時に起きるでしょう。集団パニックの方は、人々の気をそらせるのが目的です。この件に関してT氏とP氏に非難の矛先が向けられるでしょうが、二人とも犯人ではありません。

白髪の男性が解放された時、史上最大規模の裁判が行われるでしょう(訳者注:1999年に飛行機事故で死亡したといわれているジョン・F・ケネディ・ジュニアが実は生きていて、間もなく姿を現すという噂を最近耳にするようになりました。ひょっとして白髪の男性とは彼のこと? だとしたら世紀の大ニュースです。ちなみに、ラッパーの2パックも実は生きていて、証人保護プログラムによって保護されているという噂も耳にしました)。新証拠に基づき過去の審理も再開されます。ディープ・ステート(影の国家)のみならず、米政界への反対勢力の潜入、経済体制など、すべての面において正義が勝利するでしょう。

同じころ、小さな島が大きなニュースになるでしょう。絶海の孤島に建てられた邸宅が捜査されるでしょう。

軍部の検察官や裁判官が間もなく表舞台に出てくるでしょう。野球帽をかぶった大統領が軍用機の前で重要な演説をしているのが見えます。1月4日、5日までにすべてが激発し、未曽有の事態となるでしょうが、私たちはこの難局を乗り越えることができるだろうから、大丈夫です。

とっても不思議なカラー診断(無料)と
気になる不思議グッズがいっぱい!! いますぐクリック!

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!