これはアメリカの男性の体験談です。


この話は友人のスコットから聞きました。1993年の冬にカリフォルニアで起きたできごとです。

その日の朝は寒く、霧が立ち込めていました。スコットと、彼の父親、そして彼の弟は仕事のために車でブドウ畑に向かっていました。そのころはブドウの樹の剪定をする時期だったのです。スコットはその仕事をひどく嫌っていました。凍えるような寒さの中で、一日中休みなしに働くのがいやだったのです。それに、すばやく、能率的に仕事をする必要もありました。スコットにはそんな能力がなかったのです。

運転中、彼らは道端を這っている男性を前方に認めました。その男は濃い口ひげを生やしており、赤のジャケットと擦り切れたジーンズを身に着けていました。彼らは車を停めて外に出ました。男がひどい痛みに苦しんでいることが、彼の表情から見て取れました。三人は男に話しかけ、両脚の骨が折れていることを知りました。

一時間以上前、男は車を走らせていたのですが、メンテナンスのために一時停車しました。ドアを開けて外に出ようとした正にそのとき、霧の中から大型のトラックが走り出てきて、ドアにぶち当たり、その衝撃で両脚の骨が折れたというのです。トラックは事故を無視して走り去り、霧の中に消えていきました。その後、彼は助けを求めて一時間以上、這い続けていたというのです。

スコットの父親は彼の体に毛布をかけ、助けを呼びにいくから、この場を動かないようにと告げました。三人が車を走らせていたら、男のものと思われる車が目に留まりました。でも、運転席側のドアは少しも破損していなかったし、ガラスの破片があたりに散らばっていることもありませんでした。車はよい状態だったのです。次に三人は運転席に誰かがいることに気づきました。そこで三人は信じられない光景を目にしました。同じ男がそこに座っていたのです! 濃い口ひげ、赤のジャケット、髪型、目……すべて同じだったのです。一体これはどうなっているのでしょう!

男が車から出ようとしたとき、三人はヘッドライトが近づいてくるのを見ました。そこでスコットの父親はクラクションを強い音で長々と鳴らしました。男はその音に気をとられ、車から出るのが数秒遅れました。次の瞬間、四輪駆動のトラックが霧の中から走り出てきて、男の車スレスレのところを通り、走り去っていきました。その後、三人は男が大丈夫かどうか確かめるため、彼の元に駆けつけました。

男は三人に感謝することしきりでした。もし、スコットの父親がクラクションを鳴らさなかったら、彼は車から出て、事故死したかもしれません。彼は丁重に礼を述べたあと、走り去りました。その後、スコットの父親は友人の家に車を走らせ、電話で救急車を呼びました。そして三人は怪我した男がいる場所に戻ったのです。彼はそこにいませんでした! 彼が這ってその場を去らなかったことは確かです。もし、そうしていたら、泥道に跡が残っていたはず。そんな跡はなかったし、あたりには誰もいませんでした! そこにあったのは毛布だけでした。

男の魂が、未来に起きる事故を防ぐために、何らかの形でスコットの家族に警告したのです。不思議!

当サイトの記事や画像を許可なく転載することをお断りします。

「心配」「怒り」「悲しみ」「孤独」を手放し本来の自分を取り戻す新方式

・此処でも霧ですか。毛布が残っていたのも、不思議の国のアリス(お伽話として隠されたタイムトラベルの事実と噂されている)と似ていますね。話の内容から、作り話とは思えないです。

さん


・凄い話ですね〜。ってことは、未来は変えられるってこと?それとも、分岐して、違うパラレルワールドができちゃったのかなぁ。不思議すぎる。

YURIARIAさん


・エンジェル現象で、実像化していて、重いものを運んだり手伝ってくれて、一瞬で消えてしまう人もいるそうですが、こういう場合は、どうなんでしょうね。物質化してますよね。だってブランケット巻いたりしているのだから。そういうものだってことですよね。そういうものなんです。古い数学や物理では駄目だってことです。

いろいろさん


・不思議な体験ですね。もしその男を無視していたらと思うと怖いですね。

天野 康雄さん


・いやぁ本当に不思議な話ですね。話がリアルなので当事者たちはウソはついていないでしょう。男は、危機が迫ると自分の魂を無意識のうちに飛ばせるような特殊な能力の持ち主だったのでは?!

虚無僧さん

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!