"長瀞" by annintofu is licensed under CC BY-NC-ND 2.0.

ユーチューブのチャンネル『島田秀平のお怪談巡り』で、怪談師の牛抱せん夏さんが、とても不思議な話を語っておられるので、ご紹介します。上の画像は、この話の舞台になったと思われる、埼玉県・長瀞(ながとろ)のものです。

6人の男女が川遊びとバーベキューを楽しむためにとある渓谷へ。そこで起きた説明不可能なできごととは……?

以下にネタバレがありますのでご了承ください。

……本当に不思議な話ですね。特に車と吉田さんの居場所に関する謎が説明できません。車が N 渓谷に放置されていたのだったら、みんなが乗って帰ってきた車は何だったのか? また、吉田さんが帰りの車に乗った時点で霊体だったとしたら、なぜ川で遺体が発見された時ジャージを着ていたのか? そもそも霊の服を着替えさせることなど可能なのか、等々、謎が次から次へと出てきてつじつまが合わなくなります。

並行世界の概念を元に説明するとすれば、吉田さんが川に落ちて亡くなる寸前に世界が2つに分岐し、命をとりとめた世界線と、命を落とした世界線が発生した。帰宅後、吉田さんにジャージを着せた後で、友達と母親は「吉田さんが川に落ちて亡くなった世界線」に移動した、もしくは2つの世界が1つに融合した、というようなことでしょうか……?

あるいは、動画の中で島田秀平さんが考察されているように、遺体が発見されるまで、吉田さんは生と死の中間領域で存在していたのかもしれません。1935年にオーストリアの物理学者エルヴィン・シュレディンガーが行った「シュレディンガーの猫」と呼ばれる実験があります(猫好きの方は怒り心頭に達するような実験です)。

この実験では、青酸ガスの入った瓶と、この瓶をハンマーでたたき割る仕掛け、そして猫が箱の中に入れられ、密封されます。この箱は中を見ることができません。ハンマーが瓶をたたき割る確率は50%に設定されます。ということは、猫が青酸ガスによって死ぬ確率は50%であり、箱の中の猫は生きているか、死んでいるか、どちらかの状態にあるはずです。ところが、量子力学では「どちらの状態にあるのか分からない」という見方をするのだそうです。箱を開けて生死を確認するまで、「生きた猫」と「死んだ猫」という状態が重なり合っているのだそうです。この説の方が、上記の並行世界説よりも、しっくりくるような気がしますね。

とっても不思議なカラー診断(無料)と
気になる不思議グッズがいっぱい!! いますぐクリック!

・うーん、たしかに不思議で怖い話ですが、情報が足りなくてツッコミどころもあると思いました。

・実家からお母さんを連れて来てから仲間は解散したが、お母さんは部屋に残ったのか?
・実家に帰宅したお父さんはあとからアパートに来たのか?

・仲間たちはアパートから交通機関を使って帰ったのだと思うが、そのときアパートの駐車場に停めてある車をだれも見ていないのか?
・そもそも車で帰ってきたときにキャンプ用品や余った食材、ゴムボートを積んでいたはずだが、食材と本人のバッグくらいは部屋に運んでいるはず。それらはどうなったのか?
・渓谷で発見された車の中にはそれらの品々はあったのか?
・濡れたベッドとジャージ姿の遺体ばかりクローズアップされて、こういう細かい点がハッキリしない

・翌日会社に来た警察が帰ったあと、仲間であれこれ話し合ったあとでお母さんに連絡しているのも変

・お母さんがびしょ濡れの布団を発見したのはいつなのか?
・そもそも息子が忽然と消えたのだから、深夜でも仲間のだれかに連絡するはず

せっかく不思議でめずらしい種類の話なのに、なんか情報に穴があってもったいない気がしました。

艦長さん(2022年11月2日)

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!