コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン テレビと映画ゾーン ホームページ
時間旅行実話ゾーン→中世の村にタイムスリップ


これはイギリスの女性の体験談です。


私はタイムスリップが本当に起こることを知っています。それはとても現実的な体験です。

当時、私は17歳で、地元の繁華街にいました。文字通り、群集のど真ん中にいたのです。日は暮れていました。突如として、あたりが明るくなり、中世の衣装に身を固めた人々が見えました。人々は地面に座っており、手前のバスケットには商品が入っていました。そこは市場だったのです。バスケットのなかから漂ってくる魚の匂いをかぐことができました。そのとき、ある人物が私のすぐそばを走り去りました。まるで私の姿が見えないかのようでした。あやういところでぶつかりそうになったので、私はそのはずみで現代に戻りました。全体の所要時間は精々2、3秒程度でした。怖いとは思いませんでした。

そのあと、繁華街を歩いていたら、数分後にまた過去の情景が見えるようになりました。兵士と思わしき人々が荷馬車に荷物を積み込んでいるのが見えました。それと、乞食の一団も目にしました。乞食のひとりが私に向かってじかに視線を投げかけたので、突然私は怖くなり、再び現代に戻りました。他の人々は私がいることに気づかなかったのですが、その乞食だけは私の姿が見えたのです。

●この体験談について、あなたのコメントをお願いします!

コメント:
お名前:
メール(省略可):
あなたのサイト(省略可):


Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか?お話を聞かせてください!



心霊写真・心霊スポット・摩訶不思議ランキング