コンタクト 科学ゾーン 読書ゾーン テレビと映画ゾーン ホームページ
時間旅行実話ゾーン→笑うウサギ


これはイギリスの男性ギャリーさんの体験談です。


その日、私はヨークシャー州の小さな町で夕方まで働いていました。私は甥が運転する小型トラックに乗って、帰宅の途にありました。午後6時ごろ、私たちは高速道路につながる橋を渡り、M1(高速道路)に向かいました。野原に通じる門のそばに、奇妙なウサギのような生き物がいたのです。身の丈は80cmくらいで、顔は奇妙な表情を見せていました。1本の歯がニョキッと突き出ており、ほとんど漫画のキャラクターのように見えました。私たちはそろって「変なウサギ!」とコメントしました。

その時点で高速道路はすぐそばだったので、止まっている時間はありません。私が「変なウサギだったね」と繰り返したら、甥がスローモーションで答えを返しました。大丈夫かと尋ねたのですが、彼は返事をしませんでした。しばらく走ったあと、私は甥にこう言いました。「ずいぶんこの道を走ってるみたいだけど」と。通常の走行時間はわずか15分なのです。彼は「そうだね、かなり長く走ってるよね」と応えました。車の時計を見たら、45分も走っていることが判明しました。

私たちが目撃した奇妙な動物ですが、以前にもどこかで見たことがあるような気がするのです。ある種のエイリアンではないかと思っています。この生き物は服を身につけ、笑っていたように思います。甥に話をしようとしたのですが、この出来事に関する彼の記憶は曖昧で、奇妙なウサギを見たことしか思い出せませんでした。それで私たちはこのウサギにドニー・ダーコというニックネームをつけることにしました。

●この体験談について、あなたのコメントをお願いします!

コメント:
お名前:
メール(省略可):
あなたのサイト(省略可):


Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか?お話を聞かせてください!



心霊写真・心霊スポット・摩訶不思議ランキング