1954年、英字新聞『週刊ジャパン・タイムズ』の犯罪欄に短い記事が掲載された。それは「偽のパスポートを持った男が日本に入国しようとしたので、入国管理官がその男を抑留した」という内容だった。

何人かの作家がその記事に注目し、独自に調査を行った。その結果、当時出版された何冊かの「不可解なできごと」を集めた本に、この話が収録された。

1954年に羽田空港に降り立った白人男性は存在しない国のパスポートを持っていた!

1954年7月の蒸し暑い日。日本で不可解なできごとが起きた。存在しない国のパスポートを持った白人男性が飛行機から降り、羽田空港に現れたのだ。

入国管理官が入国を拒否したら、謎の旅行者は怒りをあらわにした。管理官は記録を注意深く調べたのだが、その男性が持っていたパスポートを発行したトーレド連合王国という名の国は見つからなかった。

普通、偽造パスポートを使って入国しようとする人は、存在する国のパスポートをできる限り本物に似せて再現しようとするはず。存在しない国のパスポートを差し出したら捕まることは目に見えているので、愚の骨頂と言える。

その男は自分がよく知られた欧州の国からやってきたビジネスマンだと主張した。トーレドという国は、約千年前に建国された、長く豊かな歴史を持つ国だというのだ。彼はフランス語訛りの流暢な日本語を話した。トーレドの公用語はフランス語とのことであった。彼は日本語のほかにも数ヶ国語に通じていた。身なりはきちんとしており、洗練され、成功を収めた国際的なビジネスマンのような印象を与えたという。

彼は国際的な企業に勤めており、その会社は日本と約10年に渡り事業関係を樹立しているとのこと。その年だけでも三度目の訪日だという。実際、彼のパスポートには、日本の入管のスタンプが押してあった。つまり、前回来日した時、そのスタンプが押されたということだ。彼は自分が働く会社の名前を入国管理官に伝えたのだが、調べてみたらそのような会社は存在しなかった。

彼はフランスの通貨を中心に、数カ国のヨーロッパの通貨を携帯していた。財布は大きめで、手製の良質なものであった。彼はまた国際免許証も携帯していた。それはどう見ても偽物には見えなかったが、にもかかわらずその免許証は無効であった。なぜなら未知の機関によって発行されていたからだ。小切手も携帯していたが、それを発行した国際銀行は世界のどこにも存在しなかった。

そんな中、入国管理官が名案を思いついた。世界地図を持ってきて、トーレドがどこに位置しているのかを地図上で指差すよう、男に頼んだのだ。地図を見回した男は、トーレドが地図に載っていないことに動揺したように見えた。しかし、最終的に彼はイベリア半島のアンドラ公国を指さした。アンドラはスペインとフランスに挟まれたミニ国家で、公用語はカタルーニャ語だが、その他にスペイン語、フランス語、ポルトガル語などが使われている。アンドラは988年に建国されたので、約千年の歴史がある。ところが男はアンドラという国を聞いたことがないと主張した。

謎の旅行者は憤慨し、政府の高官と話をさせろと要求した。自分が悪質ないたずらを仕掛けられたのだと確信し、予約を入れてある東京のホテルに行く許可を与えるよう懇願した。実際、彼は予約証明書を持っていた。ところが、調べてみたらそのホテルは日本に存在しなかった。

政府関係者は、空港の狭い警備室で8時間も拘束されている彼に同情し、ホテルに泊まらせることにした。部屋の外にガードマンを配するというのが条件だった。男はその処置に不満を訴えたが、もう一つの選択肢は留置所で一晩を過ごすことだったので、その申し出を受けるしかなかった。

男は二人の入国管理官に付き添われてホテルに向かい、そこのレストランで食事をとることを許可された。その後、彼は部屋に向かい、そこで一晩を過ごすよう命令された。二人の守衛が部屋の外に立ち、夜通し見張ることになった。

翌朝、入国管理官が部屋にやってきてドアをノックしたのだが、返事がない。そこで管理官はホテルの合鍵をもらい、部屋に踏み込んだ。そこはもぬけの殻(から)であった。荷物も見当たらなかった。唯一の出口である扉は守衛が夜通し見張っていたし、部屋はにぎやかな通りの数階上に位置しており、窓の外に足をかけられるような出っ張りはなかったので、その部屋から出ていくことは不可能だった。そして窓が開けられた形跡もなかった。

政府関係者は大がかりな捜査を行ったが、謎の旅行者は一向に見つからず、ついに捜査は打ち切られた。彼は二度と見つからなかった。


果して謎の旅行者は何者だったのでしょう? そして彼の身に何が起こったのでしょう?

アメリカ・ワシントン市に在住の弁護士で、子供のころプロジェクト・ペガサス(米政府の極秘タイムトラベル実験)に参加したというアンドリュー・バシャーゴさんは、謎の旅行者が、何らかの形で、旅行中に別の時間軸(並行宇宙)に踏み込んでしまったのではないかと推測しています。そして、ホテルの部屋にいた時、元の時間軸に戻ったか、もしくは別の時間軸に入ったのではないかと、バシャーゴさんは推測しています。

とっても不思議なカラー診断(無料)と
気になる不思議グッズがいっぱい!! いますぐクリック!

・得体の知れない国籍不明の人間を警察や入管がホテルに泊まらせるわけが無い。GHQの影響が根強い時代とは言え日本人はそこまで優しくない。むしろスパイ容疑で軍に引き渡されると思う。(2021年2月23日)


・どうやら紹介と引用を介した写しミスやのちにさらに尾ひれをつけていった結果らしいです。ただ、元の事件も相当エキセントリックですが…出身などみても14か国語しゃべれるのは異常だし、案外こっちの週刊誌大のパスポートの偽造の国が本物で彼は平行世界の住人だったりして…

https://note.com/taraiochi/n/n13c0b07fa3a6

匿名さん(2020年11月23日)


・アンドラ公国が建国されずにトレドが建国された世界ってことでしょ。

・各国の通貨が一致
・(免許があるってことは)車が存在する
・飛行機が存在する

千年以上前に分岐して科学技術・文化共に酷似した世界っておかしいでしょ。

その渡航者が空港やホテルの内装に違和感を覚えていない時点で、細かな科学技術や文化まで同じ様に発達してると言えるよね。どう考えても不自然。

言語についても千年の歴史があって母語が仏語ってのもおかしい。

南米諸国みたいに長い事、他国に占領支配されたような国じゃない限り独自の言語があるもんなんだよ。

アフリカ諸国なんかは英語、仏語に侵食されながらも大抵は独自の言語を持ってる。

分岐したのが半世紀前とかなら信憑性あったのにね。

匿名さん(2020年11月14日)


・トレド県というようなものはありますね
件のトレド連合国とスペルは異なるようですが場所が近いことと彼が日本語を話せたことから(カタカナでは同音のため)何か関連があるのかも知れませんね
工作員説も筋が通っていて面白いですね

日本人さん(2020年9月22日)


・こんなことがあるなんて信じられないけれど日本がこの事件に巻き込まれたことも不思議かも?(2020年8月24日)


・もしかしたらその男の人自体が存在しなくて実は元々死んでて霊だったとかない?w

びりびりあいりっしゅさん(2020年7月24日)


・量子物理学の法則でいえば、パラレルな世界が重なり合っているとして、偶然観測者がそこにいればそれは存在することができる。しかし、観測者の目が届かなくなると元の量子の揺らぎの状態をとり消える。揺らぎを捕らえるには全てのパラレルワールドの中で断片的に重なり合った世界の瞬間を別の観測者がとらえる必要がある。男が消えたのは観測し続けなかったからでは、、

シュレディンガーの猫さん(2020年6月1日)


・10年来の日本企業との付き合いってことは、1954年の10年前だから、1944年。そう、この時間軸で言えば戦時中で、日本がもう負け確定になりつつあるとき。

仮に時間軸が違う人だとするならば、第二次世界大戦を行ってない世界から来たことになる。

また、仮に途中で国名を変えていれば母国のことなんだから知ってるはず。例えるなら、日本人なのに邪馬台国を知らないようなものである。

つまり、アンドラという国が成立する前に、時間軸のずれが出来た世界から来たことになる。

つまり1000年以上前の時点で、異なる道筋を辿った歴史から生まれた人物と成る訳だが、これほど前から時間軸がずれていたら、バタフライ効果でも示されるように、ここまで同じような世界観を持っているとは考えられない。

例えば、当時のフランやポンド、ドラクマ等の通貨を保有していたとしたら、アンドラ以外の国はそのままってことになる。

そんなことがある訳がない。つまり、インチキ。(2017年8月31日)


・今、youtubeの外国の人が作成した未解決事件のビデオの中にこの事件が紹介されており、非常に興味深かったので ググって貴サイトにたどり着きました。

この事件は日本の新聞では報道されたのでしょうか。このような未解決事件は好きなので結構見ているのですが、外国発信の情報源で始めて知りました。外国経由で、「日本(という遠い、実際にあったか否か確認困難な場所)で、1954年(という、実際にあったか否か確認困難なかなり昔に)こういう事件があった・・・」という場合は、本当にそんなことあったのか否か、当時の日本の報道を見てみたい思いました。

通りすがりさん(2016年11月27日)


・こんにちは。実は私は平行世界から来ました。

私はシンガポールという国を聞いたことがありません

シンガポールの代わりにマルアドという国がない事に気づきました。

来てから20年以上も前です。

平行世界コード:TY/dertQsegtr,t4egervさん(2016年9月19日)

・平行世界コード:TY/dertQsegtr,t4egervさん

あなたの元いた世界では、こちらのシンガポールに位置する国がマルアドという国だったのですか?。
どのようにしてあなたがこの世界に来たのか?とっても興味があります。
あなたのいた世界についてもっと詳しく聞きたいです。
コメントいただけるととっても嬉しいです(^^)/!

めかぶさん(2016年10月29日)


・この男の顔はytubeで見ることができます time travel で検索できます。世界の代表的なtime travelのうちの一つとして紹介されています。英語ですけど。

太田益男さん(2016年9月19日)


・この人が仮にパラレルワールドの住人であったとしても、この人の世界では日本国は存在してたのだな。なんか嬉しいな。(2016年9月15日)


・このサイトの中でも1,2の面白さの事件です、国際免許証やパスポートの写真は残ってないのでしょうか?または日本が没収してあるはずですので現存しているのでしょうか?

そうすればパラレルワールドの手掛かりになるのに、NASAでも少しずつ秘密を暴露している時代なのでもしパスポートや国際免許証が現存しているなら公表すべきでしょう。

syouさん(2016年9月10日)


・航空券を確認してないのかな?

なーさん(2016年5月9日)


・どこかの国の工作委員?ではないでしょうか?偽造パスポートで日本に入国したら、どういった処置をされるか?の確認をしに、こうしたことをやってみたのでは?すでに、既存の国の、よくできた偽造パスポートなら、無事に入国出来てしまいますし、偽造とばれるパスポートですと、その国との国際問題になりかねないので、わざと架空の国にしたのでは?

万一、危なくなった場合、狂人を装うなり、または、この男の近くに仲間がいて、いざとなったら、助ける手筈になっていたのでは。ホテルから仲間が、逃がしたのでは?と思います。きっと仲間は、この男の本来のパスポートを預かっていたのでしょうか?正規ルートまたは、船舶で、日本から脱出したのではないでしょうか?某半島の工作員達もよく漁船を装って日本に行き来してましたね。

この処置ですと、この後、偽造パスポートで日本入国は、増えてそうな気がします。

宗教法人税増税さん(2016年5月9日)


・この人物パラレルワールドからの漂流者にしろ高度な詐欺師にしろ、手記でも出版したらベストセラー間違いなしだな。単に元の世界の話書くだけで異世界冒険譚になる、仮に高度な詐欺師で純粋な作り話なら芥川賞2つあげるレベル。(2016年5月7日)


・スペインにトレドって町はあるよね…
ほんの少しずれた平行世界だったのかな?(2015年7月30日)


・もし未来から来た国際的ビジネスマンなら携帯やPCを所持してるのでは。あと1954年の羽田空港や飛行機に相当違和感を持つと思う。面白い話ではありますがどうもその辺が気になってしまいます。水を差すようですみません。(2015年7月26日)

・この場合、未来ではなく、並行世界(私たちの世界に並行して存在する、似て非なる別の世界)からやってきたと推測されています。

時間旅行(2015年7月26日)


・逃さずに全部調査、検査されてれば話題になって面白くなっていたのかな?(2013年5月26日)

コメントをどうぞ

お名前

メール(省略可)

あなたのサイト(省略可)

コメント

Powered by CGI RESCUE®

時間にまつわる不思議体験をしたことがありますか? お話を聞かせてください!